阿部りんご園 スタッフブログ

アイスプラント⁈❄


今朝7時半ちょと前です。
車から降りようとしたら・・
足跡をつけてしまいたくなかったので思わず足を引っ込めました。



霜です!




ミニアイスプラントです!?
サラダに入れたら美味しそう(*゚▽゚*)・・⚠
普段は邪魔にされる草たち。
美しく変貌しました!


周りを見渡すと、





だんだん寒くなりますネ⛄、
2018年11月24日(土) No.53 (案内)

道の駅へ配達です🚐


りんご園の近くには道の駅が2箇所あります。
そこへアップルパイを委託販売用に配達しているのですが、その配達途中のことてす。
暑くて窓を開けたら・・・





ギャ〜(>人<;)‼
飛ばされないかと思いきや、ピッタリとくっついていたので、このままの状態でまたお店まで連れて帰ろうと決心しました。





完全に目が合っている、と思った瞬間ピョ〜ン。
ギャ〜(>人<;) ‼供
最初どこへ行ったのかわからず周囲を見回したら




あんな所に・・!
と思ったらまたピョ〜ン。
バックミラーに飛んで貼り付きました。
そして道路の方へまたピョ〜ンと跳ねてどこかへ行ってしまいました。
じっとくっついていれば元の場所に帰れたのに・・・
あっけなく出て行ってしまって・・・

大丈夫だったかな?

🐸が既に車の中にいたりして驚かされることもあり、時々お騒がせな🐸です💦
2018年09月22日(土) No.52 (案内)

ツバメはツバメ⁉


ここ何年か毎年ツバメが子育てに来てくれます。
来なかった年もありましたね。

下の写真は去年の子ツバメです。
立派な巣を作りましたが、屋根の木が滑りやすい為、成長してくるにつれ重さに耐えられず、ストンと落ちてしまいました。




そこでオーナーがお手製簡易巣を設置して、元の巣と共にツバメを手ですくって戻してあげたとか。
それがその時の巣。




ツバメ達は何事も無かったような風ですよね。
そのまま無事大きくなって巣立って行きました。


そして今年の巣はニューバージョンです!




オーナーが屋根の木に取り付けたツバ。
あるところと無いところがありますが、ちゃんとあるところに巣を作ったではありませんか!
もう大丈夫。滑ることはありませんネ。
まだ卵は無さそうですが、安心して子育て出来るといいと思います(^-^)
ツバの効果に期待です。
2018年04月21日(土) No.49 (案内)

谷川岳❄


りんご園の北側にそびえ立つ谷川岳です。
真っ白で、見ているだけで寒さが伝わってきます。



存在感では富士山に負けませんよー!
でもちょっとかわいい山なのです。
よく見るとネコの耳🐱みたいなところがあります。
実際トマ(手前意)の耳、オキ(向こう側意)の耳と呼ばれ、もともと谷川岳はトマ・オキ二つ耳と呼ばれていたそうです。

りんご畑も現在真っ白です。(道路は大丈夫ですョ!)
2018年02月06日(火) No.45 (案内)

高島屋群馬展です!


只今群馬展でアップルパイ🍎を販売しています。

こんな感じのところです。




また今年初めて"りんごのカップケーキ"を販売することになりました!
1/26〜28日まで3日間だけの限定販売です。

そして何と今日27日は、大泉町のサンバダンサーによるサンバショーが行われました!




6階特設会場の階段からの登場に、会場は期待感いっぱいでした(O_O)
ダンスと音楽で全体が盛り上がり、賑やかでした。
お客様も多く集まりアップルパイも"サンバ効果"があったような…?気がします!

火曜日、30日までありますので、是非お越しくださいませ(╹◡╹)♡
2018年01月27日(土) No.43 (案内)

書き込みテスト中!


書き込みテスト中

アップルグリーンティー
100%の当園産りんごジュースと抹茶をミックスした爽やかな味わい!


 

自家製アップルパイ


100%国産バターを使って、生地から作っています。
毎日焼きたてを提供しています。

1ホール(8カット)2,560円(税込み)
1カット       320円(税込み)

2017年05月26日(金) No.35 (案内)

とうとう収穫です!


ふじの収穫が始まりました。
早生のつがるに始まり、あかぎ、陽光etc.、そして最終のふじが収穫されています。

りんごが無くなってしまった畑から、役目を終えた後の安堵感や、これから来る厳しい冬に向けての緊張感のようなものを何となく感じます。

とは言え、真っ赤なりんごが無くなってしまい、とっても寂しいです。

ですが、また来年も頑張らなくてはなりません…
ゆっくり休んでくださいね!リンゴの木さん。
今年一年お疲れさまでした!




2015年11月21日(土) No.34 (案内)

ミニりんご


長野県松本市で生まれたミニりんご、アルプス乙女…

日本アルプスを間近に臨む地域で生まれ、そして見るからに可愛いりんご。
ゆえに”アルプス乙女”なのですよね!?

それとも、アルプスの少女ハイジ由来でしょうか?

そのままでも食べられますし、りんご飴にも使われています。
2015年10月24日(土) No.33 (案内)

初めてお店に出ました!


尾瀬の紅です。
2009年に品種登録された早生の新品種です。
果形は、長円形。濃紅色に色付くのが特徴のようです。
以前から栽培を始めたことは聞いていましたが、とうとう登場しました!
まだ、収穫量が少ないようですので、すぐ終わってしまったらごめんなさい。
口に含んだ時の香りがすごく良かったですよ〜!
昨日より、つがるも出始めました!
りんごシーズンの始まりです!
2015年08月29日(土) No.30 (案内)

また一年経ちました


葉っぱがだいぶ開いてきました。
一年のサイクルを確実にこなしている木々たち。
もちろん絶え間ない管理のもとではありますが、継続力、忍耐力を教えてもらっているような気がします。
2015年04月12日(日) No.27 (案内)

[1][2] [3] [4]