Vol. 3 捜索開始 (2001/03/04)

コレクターの要望に応えるように、4輪車であればヒストリックカー専門の販売店がありますが、カーセンサーにもトラクターは載っていません。ましてや骨董品のトラクターなんて・・・。トラクターの中古品といえば、農機具屋さんがチョット前のモデルを扱っているだけ。と言うことでお店で買うのは諦めます。(最初からそんなつもりはありませんが)そんな中、Yahoo!のオークションを覗いて見ました。このオークションへの、ありとあらゆる物の出品には驚くばかりです。しかし、モノがモノだけに、時たま、チョット古い中古のトラクターが出品されているだけ、30年以上前のモデルは、まず、期待はできないですね。(冷静に考えてみて、欲しい人も、売ろうとする人も、居るわけないか) と言うわけで、次の手段で捜索を開始したのでした。

1 全国の農機具屋さんが運営しているHPにメールを出し情報を求める。

2 身近な人間に片っ端から情報を求める。

3 地元の農機具屋さんに情報を求める。

まずは、引き取りの道のりを考慮して身近な所から当たって見ることにしました。
地元の友人に会うたびに自分の構想を打ち明け、心当たりがあれば探って貰いました。しかし、手応えすら感じません。暫くの時間が過ぎ、いよいよ捜索を全国展開しなければならないかと思うようになって来ました。そんな中、有力な情報として長野県の佐久に住む友人から、何年か前まで近所のじいさんが、とても古いトラクターに乗っていたとのこと。話の感じではイセキのトラクターである可能性が伺えます。現在の状況を確認の上、連絡をして貰える事になりました。初めての有力な情報に胸が高鳴ります。しかし、この後、思わぬ方向へ事態は急展開するのでした。

戻る